漢方・薬膳の考え方

JUGEMテーマ:健康のためにやっていること

 

 

漢方や薬膳の基本的な考え方を書いておきます。

 

何でなのかは、都合の悪い方もいるでしょうから申しませんwww

 

んではいきます。

 

 

 

 

まず、

『陰と陽』があります。

 

この辺は聞いたことがあるでしょう。

 

物事はすべてバランスであり、相反するものが協力して「抑制し合って存在している」という考え方です。

 

お互いを認め合って傷を舐め合い「なぁなぁ」で存在しているのではなく、あくまでも抑制しあって存在しているところに注目ですwww

 

 

 

次に

『五行説』です。

 

木 火 土 金 水 ですね。

 

【もっかどごんすい】なんて読みます。

 

これも聞いたことがあるでしょう。

 

自然界のあらゆるものは、この5つの性質に分けられると言うのです。

 

季節 色 味 臓器などを5つの性質に分けて対応させ、お互いに促す関係と抑える関係の相反関係を体系化したものです。

 

これらもそれぞれがバランスの中で存在しています。

 

 

 

 

次が

『五性』です。

 

食べ物の陰陽の性質を5つの段階に分けたものです。

 

熱性 温性 平性 涼性 寒性 に分類されます。

 

体が冷えている人には熱性や温性の食べ物を食してもらい、熱っぽい人には涼性や寒性の食材が適していることになります。

 

 

 

 

続いて

『五味』です。

 

食材の味を五行に基づいて5種類に分類したものです。

 

酸 甘 辛 苦 鹹 に分けられます。

 

鹹は塩味を指しています。

 

ただこの五味は、単なる味での分類では無くて機能によって分類されているので、実際の味と異なる分類がされる事もあります。

 

 

 

 

『気・血・津』

 

【き けつ しん】と読みます。

 

人体はこの気血津の要素で成り立っていると漢方では考えられています。

 

気はエネルギーを指し、血は血液、津は血液以外の体液を指しています。

 

こちらもこのバランスを重視しています。

 

 

 

 

『五臓六腑』

 

【ごぞうろっぷ】です。

 

五臓は 肝 心 脾 肺 腎

六腑は 胆 小腸 胃 大腸 膀胱 三焦(体内の空間)

 

五臓と六腑は表裏の関係にあり、五臓は栄養を貯蔵して使用し、六腑は経口摂取したものを仕分けします。

 

漢方では臓と腑は臓器そのものだけでなく働きも指します。

 

 

 

 

 

最後に

『帰経』です。

 

【きけい】と読みます。

 

五行を基に五味と五臓六腑の相関のことを帰経と言います。

 

その他、色や季節、気候なども相関があり、それぞれが作用を及ぼしあっているという考え方になっています。

 

 

 

 

いやー、今回は勉強になるねwww

 

ディスることばっかりじゃないねぇwww

 

んでも、一つだけ。

 

ようするに、これが漢方や薬膳の基本です。

 

これを基にさまざまな『問診』があり、体質が「気虚」だとか「血虚」、「気滞」、「瘀血」、「水毒」、「陽熱」等の【証】をとって漢方薬や薬膳を提供することになります。

 

このことを【弁証論治】(べんしょうろんち)とか呼んだりします。

 

これをしないで漢方ゴッコは、、、、、どうなんでしょうねwww

 

 

 

 

意味を考えて正しく学びたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント