ADHDという詐欺

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

 

子供の頃、飛び抜けて落ち着きのなかった私。

 

現代なら確実にADHD送りwww

 

義務教育の現場で確実に特別学級送りだったことでしょう。

 

もしもそんなことになっていたらと考えると恐ろしくなります。

 

【特別学級にいた子】っていうレッテルを貼られて、一生トラウマと戦う人生になっていたことでしょう。

 

知的障害がないのに発達障害とか決め付けられます。

 

世界的認知として、ADHDというものは医学的にも科学的にも確定されたものではありません。

 

セカンドオピニオンにおいては「問題なし」となるケースも少なくないのです。

 

せめて自分の子供は守ってあげて欲しいものです。

 

どんなに面倒な保護が必要であったとしても!

 

ほんの数か月から1〜2年の短い期間教育してあげれば落ち着くのですから。

 

間違っても薬なんか飲ませないでくださいね!

 

親や教育者の怠惰によって子供の人生を潰さないでいただきたい!

 

教育者側の理屈は「学校は勉強をしにくるところ。騒がしい子どもがいると他の子供に迷惑がかかる」というのがいい分らしいですね。

 

なら、勉強だけ事務的に教えて、事務的に仕事をこなして下さい。

 

「子供たちの事を思って」とか「道徳や社会を学ばせる」的な事は絶対言って欲しくないです。

 

自分たちの仕事がやりづらい子どもは特殊学級に追いやる思いやりってなんですか?

 

面倒なやつは綺麗事の理由をつけて排除する「道徳や社会」を教えるのでしょうか?

 

人として問題があるのはいったいどっちでしょう?

 

子どもなんて、うるさくて当然。

 

大人の都合なんて考えなくて当然。

 

それを踏まえて、いろんなこどもがいるなかで、それぞれの子供たちがそれぞれのコミュニティーを作って生活する場こそ「学校」なのではないでしょうか?

 

全部予定どおり、教員に都合のよい社会を子供たちに植え付けた所で、なにが学習だというのでしょう。

 

過去の偉人やまわりの成功者を見ても、その方が子供の頃「おりこうさんで大人の都合に良く合わせて生活していた」なんていう天才は聞いたことがありません!

 

成人は、長く生きているからいろいろ知っているに過ぎません。

 

能力が子供以下の大人はたくさんいます。

 

その大人が自分の都合で、子供の能力を潰す事は許される事ではありません。

 

これこそ戦わなくてはならない事のひとつだと思っています。

 

子どもが言われることですが「自分がやられたら!」って考えれば判ることです。

 

存在しない病気に名前をつけられて、教員の都合のいいようにやられてしまうと言うことを。

 

http://selectaus.com/adhd-is-gift/

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント